fraise一会  

豆絞りの豆ちしき

f0057559_2292639.jpg


私の作る豆絞り雑貨は手ぬぐいから作っております。
手ぬぐいの原形は奈良時代に見られ、神事の際に装身具として使われていたようで
一般的に広がったのは綿が庶民の手に入りやすくなった江戸時代だそうです。

神事の装身具って、かしこまった物だったんですね~。

綿は、元々原産はインドですが、アラビア商人が西方へと伝え、イタリア、
スペインを経由してヨーロッパ各地に広がりました。
日本には平安朝初期に中国から貢物として贈られてきたものが始まりといわれています。
綿のルーツもまた奥深いですね。
[PR]
by tomamiminami | 2015-01-22 09:00 | 豆知識
<< インナーチャイルドカードBOX サビサビの10円 >>