fraise一会  

<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

豆絞りの豆ちしき

私の作る豆絞り雑貨は手ぬぐいから作っております。
f0057559_17193777.jpg

江戸後期の手ぬぐいは
売れっ子の戯作者(【戯作】とは、近世後期、18世紀後半頃から江戸で興った読み物の総称。)で
浮世絵師だった山東京伝が、大名から絵師やおいらんまで
身分を超えた風流人たちを集めて、それぞれがデザインした手ぬぐいを持ち寄る
『手拭合』(てぬぐいあわせ)を開催しており
江戸っ子にとって手ぬぐいは日常使いの大切なオシャレ小物だったようです。

デザイナーが手ぬぐいをデザインして持ち寄る!
面白い企画が江戸時代からあったんですね~。( ̄ー ̄)フムフム
[PR]
by tomamiminami | 2015-02-28 09:00 | 豆知識

手作りスマホケース

いまだにパカパカ携帯で頑張っているトマリコです。

スマホケースを作って欲しいとご依頼を受けました!
携帯のサイズは 縦 約14.5cm×横 約7.5cm×幅 約1.1cm(カバー装着時)
カバンの取っ手などに掛けれるタイプをご希望との事。
色柄はおまかせでしたので、トマリコのアイテム『豆絞り』を使わせて頂きました。
f0057559_11495041.jpg

なにぶんスマホは持ってないもので・・・出来上がった作品を試す事も出来ず・・・
サイズを心配しておりましたが、ピッタリとのご連絡を頂きホッとしております。

オーダーありがとうございました♪
[PR]
by tomamiminami | 2015-02-17 12:00 | オーダー

豆絞りの豆ちしき

f0057559_1783164.jpg私の作る豆絞り雑貨は『手ぬぐい』から作っております。

庶民の手に入りやすくなった江戸時代の手ぬぐいは
文字通り手や顔をぬぐうほかに
日差しやほこりよけとして頭にかぶったり
切れた鼻緒代わりにしたりなど
生活に欠かせないものになっていきます。
また、歌舞伎役者たちが自前の柄を染めて
ひいき客に配り、大人気になったそうです。

自前の柄を配るのは、今でも企業や地域でありますよね~
手ぬぐいの歴史は今も根付いていますね!
[PR]
by tomamiminami | 2015-02-09 17:30 | 豆知識

ちいさサイズ

車のガソリン表示で(E)をずっとエラーだと思っていた トマリコです。

通帳やメモや電卓など、小さサイズを持ち歩くのに便利なB5ケース。
豆絞りとふわもこのコラボで、Dカン付き!
f0057559_1659208.jpg

デスクで眠たくなったら。。。。ふわもこの方を上にして枕もOK(・∀・)g
[PR]
by tomamiminami | 2015-02-03 17:10 | 雑貨